重矢来文様 ぐい呑 - LifeeStars
重矢来文様 ぐい呑 - LifeeStars
重矢来文様 ぐい呑 - LifeeStars
重矢来文様 ぐい呑 - LifeeStars
重矢来文様 ぐい呑 - LifeeStars
重矢来文様 ぐい呑 - LifeeStars
重矢来文様 ぐい呑 - LifeeStars
重矢来文様 ぐい呑 - LifeeStars
重矢来文様 ぐい呑 - LifeeStars
重矢来文様 ぐい呑 - LifeeStars

重矢来文様 ぐい呑

通常価格 ¥6,050
単価  あたり 

 飲み口が少し外へ反り返った、口に含みやすいタイプ。赤と青、どちらもガラスならではの透け感と独特の深みのある色味が魅力的です。すっと切り込まれた幾何学模様がキラキラと光を反射する剣矢来重文様が、器全体に優美な雰囲気を醸し出します。単体でもペアで揃えてみても♪※この商品はペア販売ではありません。

◆江戸切子とは?/江戸切子は江戸末期に生産が始まりました。1834年(天保5年)に江戸大伝馬町のビードロ屋、加賀屋久兵衛が金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻で模様を施したのが始まりと言われています。江戸時代には透明なソーダガラス(透きガラス)に切子細工を施し、手摺りと磨きで仕上げていく硝子細工でした。しかし明治期以降は、薩摩切子の消滅もあって江戸においても色被せ(いろきせ)の技法・素材も用いられるようになり、色ガラスの層が薄く鮮やかである事が特徴に加わりました。加工法も従来の文様を受け継ぎながら、手摺りからホイールを用いたものに移行していきました。現在では、当初からの素材であるクリスタルガラス等の透明なガラス(透きガラス)よりも、色被せガラスを素材に用いたものが切子らしいイメージとして捉えられ、多く生産されています。国の伝統的工芸品、東京都の伝統工芸品に指定されています。

↑ 重矢来文様 ぐい呑(赤)

↑ 重矢来文様 ぐい呑(青)

商品詳細

  • 品名

    重矢来文様 ぐい呑

  • 材質

    ソーダガラス

  • サイズ / 重量

    ぐい呑(赤):直径6.5cm×高4.9cm/約72g
    ぐい呑(青):直径6.5cm×高4.9cm/約87g

  • 生産

    日本製

  • 使用上の注意

    電子レンジ不可・食器洗浄機不可

    ※お客様のディスプレイによって実際の色と若干異なる場合がございます。予めご了承ください。
    ※サイズは商品により若干の違いがでることがございます。
    ※商品ごとに、色ムラが生じる場合があります。
    ※化粧箱には入っておりません。

  • 送料について

    佐川急便の飛脚宅急便でお届けしますので、こちらをご参照ください。
    ※離島の場合は追加で料金が発生することがあります。

  • お客様サポート

    製品のお問い合わせ、その他ご不明な点は下記までお問い合わせください
    058-265-7321
    受付時間/9:30〜18:00